コンタクト 処方箋のみ 拒否

処方箋のみの発行を拒否するには理由がある?!

コンタクトレンズの処方箋のみを発行してもらいたいと考えている方は沢山いらっしゃいます。 中には眼科に行って発行を拒否された経験もあるかもしれません。

医者が拒否するときにどのような理由が考えられるのでしょうか?

コンタクトレンズは医薬品として捉えられているので、処方箋だけでは診察料と発行料のみになってしまいます。 度数やサイズなどの細かい情報も載っているので発行のみを希望する患者が再診に来る可能性は低く、経過を把握できないという現状も影響しています。

通販で購入した方が安く手に入るかわりに目を傷つけることもあり、処方箋のみを発行して患者が適切なコンタクトを購入しなかったときに金銭面でのトラブルを招くのを防ぐ意図もあります。

眼科が販売しているコンタクトには保証もついており、金額的には高くなっても安心してコンタクトを使用できるように患者を考慮した上での拒否といえます。 医者が拒否する理由には様々な配慮がされていることも金額的なリスクを防ぐ意図が含まれていることもあります。 拒否されても他の眼科をあたってみることができるでしょう。中には、処方箋の発行のみを受け付けてくれる眼科もあります。

 

Copyright © コンタクト処方箋の入手に関して All rights reserved