コンタクト 眼科医 処方箋

コンタクトの処方箋とその責任

眼科に行って処方箋だけを発行してもらう患者の方が少なくありません。 通販でも安くコンタクトを買えるようになり、眼科で購入する方は減少してきています。

眼科でも処方箋のみの発行を拒否するところはありますが、金銭面以外でも拒否する理由はあるのでしょうか? 眼科は目の病院ですので、処方箋は医者の判断に基づいたもので、受け取った患者への責任を伴います。 初めての患者には特に時間をかけて慎重に診察しなければ目の状態の把握が難しく、処方箋をすぐに出してしまうとコンタクトが合わなくて目を傷つけることも起こりかねません。 医者には患者の目を傷めないようにすることを意識しているので、医者が処方箋を与える場合は診断結果となり容易に出したくないことも理由として挙げられるかもしれません。

患者の目を考えた上での処方箋なので、医者にとっては通販などで買われるよりは眼科で購入してもらった方が目へのリスクが下がります。 コンタクトを買うときに処方箋のみの目的で行くなら拒否されることもあるかもしれませんが、医者側の配慮も考えるなら納得できるのではないでしょうか?

処方箋のみを発行することは、医者の立場として責任が負えないというのもあっても当然と言えますよね。また、患者側のあなたも、その後の責任はあなた自身が100%負うことになるため、その辺のことも十分に理解しておくことが大事だと思います。

従いまして、眼科医でコンタクト処方箋のみを発行を拒否されてもネガティブな意味ばかりではないことを覚えておきましょう。

 

Copyright © コンタクト処方箋の入手に関して All rights reserved